リプロスキンでナチュラルメイクになれました

私は中学まではニキビのないキレイな肌でした。

 

それが高校になって運動部に入ってから、環境や体質が変わって、急に口の周りや頬のあたりに赤いニキビがポツポツとでき始めました。

 

高校を卒業して部活を引退すると、ニキビそのものは段々できなくなったのですが、就職してから化粧をする機会が多くなると、

ニキビ跡のせいで化粧のりが悪くなってメイクが上手くできません。

 

たぶんニキビ跡を隠そうとするあまり、化粧が厚めになっているのも悪いのだと思います。

 

この問題を解決するにはエステで肌をキレイにするしかないと思いましたが、費用のほうが高すぎて手が出ません。

まだ社会人になって1年目なので、できるだけ費用は安く抑えてニキビ跡を薄くしたいと考えていたところに、大手口コミサイトで話題のリプロスキンと出会いました。

 

リプロスキンはニキビ跡を薄くしてくれる有効成分を、新しい技術で肌の奥に浸透させてくれる化粧水です。

ですから使い続けていると、肌を新しく生まれ変わらせてくれます。

 

では、実際にリプロスキンを使ってみた感想です。

まず、リプロスキンの化粧水の使い方ですが、1回あたりの適量は7~10滴となっていて、これを2回に分けて使います。

ですから、4~5滴を2回塗るという感じです。

 

手のひらにつけてみると、みずみずしい透明の液体でした。

肌につけた感触はサラサラでベタつかず、潤った状態でよくなじんでくれます。

 

保湿力は思っていたよりも高いです。

使い始めてから1週間ほどは、それほど実感は感じられませんでしたが、2週間ほどもすれば、小さな赤みが少し減ったような気がします。

 

一か月も使い続けていると、ニキビ跡が少し目立たなくなってきたように見えます。

 

おかげで肌に対する自信が少し出てきました。

化粧のりも良くなりましたし、メイクがキレイになりました。

また、厚ぼったかった化粧も、今では毎日ナチュラルメイクで勝負できます。

 

リプロスキンのおかげで毎日が本当に楽しいです。